本文へスキップ

伊福部極

余・他 3

                       <1234>

蝋梅の実


←冬の寒い時に、黄色い、香気のある花を真っ先に付ける蝋梅。これが「実」なのだそうです。花は、寄り道をしてもその季節には見たい花木ですが、実を知ったのは初めてでした。

 5月は、蝋梅の面白い形をした「実」が見られるという事で、有名なのだそうです。が、残念ながら食用にはならないそうです(有毒とのことです)。通りかかりのお寺さんで見つけました。






                     2018.5.17. UP

都内の紫陽花はもう少し先?


←2018.5.27.日の多摩川台公園の紫陽花。全般的に都内はもう少し先?かなの開き具合の日曜日。

 多摩川台公園は東急東横線「多摩川」下車直ぐ(言うなれば、改札口出て即入り口)です。映画「シン・ゴジラ」の撮影場所となり話題となった「浅間神社」もすぐ近くです。












              2018.5.27.  UP

関東地方も間もなく入梅


←「ゆりのき」(百合の木)がチラホラ開花していました。木一面がチューリップのような花で覆われるのが待たれるの新宿御苑。

 「たいさんぼく」の大きな真っ白い花も芳香を放っていました。














                2018.5.29. UP

明治神宮御苑の花菖蒲田でも咲き始めました


←まだ、各色が揃う?という程ではありませんが咲き始めた明治神宮の花菖蒲。新宿に接しているとは思えない静かな、新緑に包まれた地にあります。5月31日の状況。


















                 2018.6.1. UP

渋谷東急本店通りの百日紅


←7月16日、東京渋谷のBunkamura通り(東急本店通り)の百日紅(サルスベリ)の花。前回通過の時はもっとふくよかに咲いていましたが、猛暑で散ったのでしょうか?連日暑い東京です。




               2018.7.16. UP

カラスウリの花がひっそりと


←昼間でしたが、新宿御苑の日陰でひっそりとカラスウリが咲いていました(7月26日)。子供のころの記憶に頼れば、この花を見かけると「花火大会」近しでした。















               2018.7.27. UP

早くもススキの穂が!!


←8月1日、この日も猛暑日の東京。世田谷区の二子玉川近くの用水路では「ススキの穂」が。




















                2018.8.2. UP

珊瑚樹(サンゴジュ)の実が一面に


←8月2日、東京23区内では唯一「渓谷」があることで知られる 「等々力不動尊明王院」の入口向かいに東京都指定史跡「御岳山古墳」という小さな、こんもりとした小山がありまして、そこに「珊瑚樹」が一面に実を付けており、その隣には、白い花を一面に付けた「臭木」がありました。














                2018.8.5. UP

鷺草の季節


←少し秋らしい8月17日、九品仏浄真寺に「鷺草(サギソウ)」が咲いていました。



















               2018.8.17. UP

ヤブミョウガ(薮茗荷)


←ヤブミョウガの実も色づき始め晩夏へ

 薬味になる茗荷は「ショウガ科」でこちらは「ツユクサ科」だそうです。8月20日井の頭公園で。




















               2018.8.20 UP

                       <1234>