本文へスキップ

伊福部極

ニュース・情報 2

                   <12345678>

第30回東京国際映画祭 特別企画
ゴジラ シネマ・コンサート


2017年10月31日(火)
@ 開場14:15/開演15:00 (終了予定17:00))
A 開場18:15/開演19:00 (終了予定21:00)

第一作「ゴジラ」を、演奏と共に全編上映です。

詳細はこちらを








              2017.10.27. UP

東京交響楽団川崎定期演奏会(2018年)


2018年10月7日(日) 2:00p.m.

 第68回川崎定期演奏会にて「シンフォニア・タプカーラ」を取り上げて頂けます。

                                         2017.10.27. UP

岩見玲奈×大嶋浩美ジョイント・リサイタル


小杉放菴日光美術館 第145回演奏会
   開館20周年記念演奏会


☆2017年12月23日(土)
 開演◆6:00PM 開場5:15PM
 於:小杉放菴記念日光美術館エントランスホール
 入場券◆3000円

●帰途は、東武鉄道は不適ですが、JR日光線で宇都宮経由であれば首都圏からの日帰り可能です。

 門前町日光市のクリスマスイブイブ、残りわずかとなった、平成天皇誕生日祝日にあたります。

〇当日は「ラウダコンチェルタータ・ピアノリダクション」を取り上げて頂けます。

詳細はこちらで



              2017.11.18. UP

 オリジナル・サウンドトラック CD
  キングコングの逆襲

☆disk UNIONよりこの度発売頂きました。
 初・全曲デジタルマスタリング 最終盤
 CINK-37(MONO) 
 ¥3,241(税抜価格)+税

詳細はこちらを

              2017.11.24. UP

「加湿王ゴジラ」が発売に


←インフルエンザ流行が伝えられる候潟Vャインからゴジラ加湿器が発売されました。

●LEDのを発し、咆哮音楽も鳴ります。当然加湿機能のミストも出し、水が無くなると足音が鳴り、電源が切れます。

★対象年齢6歳以上で操作も簡単で、電池ではなくACアダプターです


映像・音声はこちらで










        2017.12.3. UP

12月8日「とちぎ朝日」紙面に掲載頂きました

↑でも紹介させて頂いた「岩見玲奈×大嶋浩美ジョイント・リサイタル」が「とちぎ朝日」で大きく取り上げられました。

2017年12月23日(土曜日) 於:日光市「小杉放菴記念日光美術館エントランスホール」
 同ホール会館20周年記念演奏会(第145回演奏会) 名曲と共にクリスマスの夜を・・・

詳細はこちらで

                                         2017.12.12. UP

Symphonic Tableaux Kushiro Marshland(交響詩 釧路湿原)譜、石丸基司さんが寄贈



☆1993年6月にNHKで放送された「交響詩 釧路湿原」譜を、釧路市に新設された市中央図書館に寄贈とのニュースが、 北海道新聞道東版に掲載されました↑。

☆ちょうどこの仕事を頂戴した時、当家は、母が1回目の脳梗塞で入院。家が大騒動になった時期と重なりました。当時お手伝い頂いた、教え子の石丸基司さんは、折しも釧路の出身。生家は、知る人ぞ知る北海道の著名な、お蕎麦屋さんです。昭和天皇もご来店されたとか。札幌のデパートには一族が経営する、同じ屋号のお蕎麦屋さんもあります。

 そのような、状況があり、一番適任の石丸基司さんに、父は取り敢えずは託し、それを、今まで大切に保管していて下さった様です。

                                         2017.12.25. UP

今年もクリスマスの季節です


☆↑本年も、明治学院大学図書館附属「日本近代音楽館」様からクリスマスカードを頂戴いたしました。お世話になった今年も間もなく暮れていきます。1年間どうもありがとうございました。来る新年も宜しくお願い申し上げます。

                                         2017.12.25. UP

NHK「古典芸能への招待」で交響譚詩


2018年1月28日(日曜日)21:00〜23:00
 Eテレ(NHK Eテレ 予定)
 「古典芸能への招待」〜芸の神髄「箏曲」〜

●二十五絃箏曲甲乙奏合「交響譚詩」が
 野坂操壽
 野坂惠璃

 のお二人の演奏(お話もあるそうです)で放送されます。

←写真は、左・伊福部昭  右・伊福部勲
 交響譚詩は、父が軍事用蛍光塗料の研究で次兄・勲が30歳と言う若さで亡くなり作曲された楽曲です。
「亡兄に捧ぐ」と添えて。








              2017.12.25. UP


                  <12345678>



バナースペース